湘南台のダイニングバーのやっさいもっさいでは宴会や貸切もできます

やっさいもっさいより

このたびは当店のホームページをご覧いただきまして誠に有難うございます。
ここで少し店名でもある
「YASSAI MOSSAI(やっさいもっさい)」
についてお話ししたいと思います。


そもそも「やっさいもっさい」とは、
千葉県は木更津市を代表する踊りです。
木更津甚句の囃子言葉の一種で「そこのけそこのけ」という意味があり、
言葉の起こりは矢那川の上流の「矢崎・森崎」が訛った、いう説が有名です。

一方で、その木更津のお祭りが野菜の収穫祭に起源があるという事もわかっており、
「やさいがいっぱい」という願掛けも込められているとも言われています。


さて、開店準備の段階で頭を悩ませたのが店名問題ですが、
実はこの「YASSAI MOSSAI(ヤッサイモッサイ)」は
候補にすら入っておりませんでした。
野菜に関する言葉を色々と調べておりまして…。

最終的には言葉の持つ響きと、
その響きから感じる賑やかなイメージにより決まった経緯がございます。
勿論、圧倒的に多くが反対の声でしたが、僕が押切りました。笑

野菜がいっぱい食べられる、それでいてどこか聞いた事のある身近な場所。
そんな思いを込めた場所にしたいと考えております。


思えば僕が幼いころ、近所には畑が広がり、
野菜は物々交換で頂いたものでした(田舎育ちなので)。
近所の方から頂くものだからこそ
イタダキマスとゴチソウサマを大事にしなさいという教えは、
現在のYASSAI MOSSAIに繋がっています。

生産者の方との繋がりを大事にしたい思いはこれが源です。
当時の「あたり前に身近にあったもの」を大事にしたからこそ、
店内はどこかノスタルジックなのかもしれません。
ご宴会ご利用のお問い合わせのお電話が
長くなってしまうのもそのせいかもしれません。


僕が社会人になって
一人でコンビニエンスストアのお弁当を食べた時に
昔と今のギャップを感じたように、
少しでも多くの方が「古き良き昔」を
「やっさいもっさい」を通じて思い出して頂けたら。

温故知新。
そんな願いを込めて。